生物材料

生物材料期刊

生物材料期刊

離型剤とは、成型物を型から取り外しやすくするために使用されるものです。
主に金型に離型剤を塗布する形で使用され、乾燥させて被膜を作ることで、成型の対象物が金型に固着するのを防ぎます。
離型剤には、成型物が容易に金型から離型できるようにする、ということが第一に求められますが、それ以外にも金型汚れが少ないこと、成型物への離型剤成分の転写が少ないこと、なども求められます。

中国生物材料学会

離型剤はその組成から大まかに三種類に分けることが出来ます。ワックス系、シリコーン系、フッ素系の三種類です。
ワックス系離型剤は、広く使用されていますが、被膜の膜厚が厚くなるため使用量は多くなる傾向にあり、それにより金型汚れも強くなりがちです。また、離型性もそれほど高くはありません。
シリコーン系離型剤は、シリコーンオイルの優れた潤滑性をベースとしており離型性もよく、広範囲で使用されていますが、成形物への転写が多い傾向にあり、塗装や接着不良が起こる可能性があります。
フッ素系離型剤は、フッ素の非粘着性をベースとしており、薄膜で離型性能を持たせることが出来ます。そのため使用量も少なくでき、転写も少なく、金型汚れも少なくなります。ただ、シリコーンのような潤滑性はフッ素単独では持たせることが出来ないため、その弱点を補うために、シリコーンと併用されることもあります。

フッ素系 シリコーン系 ワックス系
離型イメージ
離型機構 主に界面剥離 主に層間剥離 主に層間剥離
膜厚 薄い 薄い 厚い
金型汚れ 少ない 少ない 多い
転写 少ない 多い 多い
特徴 離型性に優れ転写も少なく、連続成型が出来、二次加工も容易 離型性・作業性に優れるものの転写が多く二次加工の手間がかかる 塗装性に優れるが、金型が汚れやすい。離型性も劣る。

七上生物材料题

モールドスパットはフッ素系の離型剤です。我々の持つフッ素系界面活性剤の技術を応用して配合組成検討を行い、離型用途向けに開発いたしました。
用途に合わせて、水系、溶剤系、不引火品、エアゾールと幅広いラインナップを取り揃えております。
製品一覧はこちらのリンクを御覧下さい。

材料的生物性能

熱可塑性樹脂、熱硬化性樹脂、ウレタン、一般ゴム、シリコーンゴム、フッ素ゴム、FRP、SMC、砥石、など

サンプルの提供について

学術関係者・企業関係者の方へは、無償サンプルをご用意しております。
品番のご指定が難しいと感じられた場合、用途を記載の上でご相談ください。
弊社担当のものがご相談にお答えします。

モールドスパット製品の一覧についてはこちらのリンク先でご確認ください。

工業製品ですので個人の方へのサンプル提供は出来かねますことをご容赦ください。