化学元素

化学元素符号意义

CF-3M化学元素

化学品名:クロロメチルスチレン・クロルメチルスチレン(Chloromethyl styrene)
別  名:ビニルベンジルクロリド・ビニルベンジルクロライド(Vinylbenzyl chloride)

クロロメチルスチレン(CMS)は、分子中にビニル基とクロロメチル基を有する反応性の高いモノマーです。この反応性(二官能性)モノマーの応用の自由度から、ゴム、樹脂、等の高分子改質剤、写真材料、カップリング剤、その他各種処理剤の原料として、広範な用途に用いられております。さらに、新たなCMS誘導体の可能性が各分野で無限に広がります。

cd化学元素是什么

外 観 淡黄色透明液体
(重合禁止剤による着色)
分子量 152.62
沸 点 229~240℃
凝固点 -15.5℃
比 重(25℃) 1.09~1.10
粘 度(25℃) 1.8~1.9cps
屈折率 nD25 1.57
表面張力 38m N/m
溶解度 H2O inCMS 0.07g/l
CMS inH2O 0.6g/l
引火点(CMS-14) 107(108℃)

クロロメチルスチレン(CMS)には、メタ体、パラ体の2種類の異性体があり、製品としては、メタ体、パラ体混合物であるCMS-P、パラ体主体のCMS-14の2品種があります。

cd化学元素是什么

  CMS-P CMS-14
純度 クロロメチルスチレン 95%以上 95%以上
不純分 α-クロロメチルスチレン
ジクロロ体
2%以下
2%以下
2%以下
2%以下
異性体比率 メタ体
パラ体
45~55
45~55
5
95

化学元素周期表的电子

クロロメチルスチレンは、ビニル基とクロロメチル基の2つの反応基を有しており、2通りの経路により、高機能性高分子を誘導できます。

(1)モノマーのクロロメチル基を反応させ、機能性モノマーを経て重合し機能性高分子を得る方法(A→D)
(2)CMSを重合したのち、高分子反応によって機能性高分子へ誘導する方法(B→C)

があり、どちらの反応も容易に進行します。
この様にCMSを出発原料とし機能性高分子を得るプロセスは、目的にあわせ選択できます。

sn代表什么化学元素

イオン交換膜、シランカップリング剤、樹脂改質剤、ゴム改質剤、写真材料、感光材料、等

化学元素的分子质量

国連分類:クラス6.1
国連番号:2810
容器等級:P.GⅢ
化 審 法:3-46
消 防 法:危険物第4類第3石油類(非水溶性)
CAS NO,:30030-25-2(CMS-P)、1592-20-7(CMS-14)